私たちの思い

子供時代を過ごした実家も様々な理由で住まい手を失うことがあります。少子高齢化の我が国では現状820万戸が空き家、空き家予備軍という形で存在します。それは、全体の13.5%にも及び、さらに15年先にはこの空き家率は30%を超えると言われています。このままこの状態を放置すれば経済が破綻するとまで言われているのです。何故、空き家が増え、放置されてしまうのでしょうか?

それには家庭により色々な原因があるはずですが、その一つの大きな理由として空き家の家財管理、処分の問題があります。

空き家の活用を考えるにあたり、まず直面する問題、それが空き家のお片付けということになり、そのハードルが超えられない方が

実はとても多いのです。モノの多さ、思い出が一つの壁になります。さらに、その処分の方法がわからないこともあります。

そしてついつい、放置を続けてしまうケースに陥いります。空き家を放置すると様々なリスクが生じて来ます。固定資産税の問題あり、

防災性、防犯性の低下、物件の劣化、老朽化による瓦の落下等の危険等です。

私たちは、整理収納アドバイザーとしてこの空き家の問題に片付けから挑戦したいと考えています。何故放置され、問題を先送りしてしまうのか?心の問題も絡んでいるのかもしれません。ただ処分をするということばかりでなく、持ち主の思いを否定しない気持ちの整理も一緒に進めていくことで次へのステップに無理なく移っていけるのかもしれません。モノの持ち方を考え、モノを減らすことはモノに

翻弄される生活よりも前向きなことであることを空き家のお片付けを通じてお伝えしていきたいと思っています。

この整理収納から始める空き家活性化プロジェクトに興味を感じられた方は、是非、私たちに一声かけて下さい。

代表 髙橋真美子

整理収納アドバイザー1級・2級認定講師

2級建築士、インテリアコーディネーター

キッチンスペシャリスト、住宅スペシャリスト

 

長年、住宅リフォームの仕事をする中で

整理収納の大切さを感じるようになりました。自分自身も実家の片付けに直面した経験もあり、この空き家の整理収納の問題は

持ち主の方の今後を左右する大切な問題だとアドバイザー使命を感じています。

是非、お力になれればと思います。

金山 佳子

生前整理アドバイザー1級・生前整理2級認定指導員・整理収納アドバイザー1級・福祉住環境アドバイザー・企業内整理収納マネージャー

 

命=時間 限られた時間をどう生きるのか

生前整理をして生き活を提案しています。

空き家は、国家政策として重要な課題です。

空き家のお片付けを一緒に寄り添ってお手伝いをさせていただきます。

モノ・心・情報を整理して一歩前に進んでいきましょう。

伊芸 香江美

整理収納アドバイザー1級

物と空間の整理マイスター

 

 

 

 関西エリアで整理収納のお仕事を10年させて頂いております。その経験に加えて

高齢の親との同居を通して見えてくる様々な問題に日々向き合ってきた経験を活かして、【家空間】【モノ】【人】を時間軸に沿って整えます。

皆さまの抱えている問題について真摯に向き合いますので、まずご相談下さい。